手と口を使いましょう

ピアノは手を使って弾く楽器ですが、手だけを鍛えればいいとはなりません。

音符を読み弾く。

片手だけならそこまで難しくないのですが、両手だとうまく弾けない事があります。


そういう時は練習方法の一つとして


左手→ピアノ

右手→お休み

口→右手の音符を歌う


をやってもらいます。

場合によっては「口→拍子を言う」にします。

こうすると右手のパートがよく頭に入り。両手弾きがスムーズにできます。

なかにはできないと投げ出す生徒もいますが、根気よく少しずつやります。

今日もこの練習方法を実施した生徒がいましたが

コツをつかんできたのか、上手に歌ってくれました。

次回今日練習した曲をどう仕上げてくるのか楽しみです。