ピアノを弾くために

ピアノは指を使って弾きます。

余分なところに力を入れずに弾くのが理想ですが、慣れるまで難しいです。

 

そのためいろいろな道具をレッスンで使います。

例えばカスタネット。

カスタネットは手で叩きますが、わざと指を使ってたたきます。

上手に音がでなかったりすると、まだ余分なところに力が入っています。

 

ほかにも洗濯バサミ・ボール・はかりなど。

一見するとピアノと無関係ですが、これらも立派なピアノを弾く小道具です。

初めて見ると、どの生徒さんも

「これで一体なにをするの??」

という表情になります。

 

セミナーへ参加すると、たくさんの道具を常に用意している先生も多いです。

ただ私の場合、生徒さんの自宅でレッスンするのでたくさんは持ち歩けません。

なので持ちやすい最小限のものや、保護者の方へお願いしてご用意いただいています。

レッスンへご理解いただき、ご協力いただけることにいつも感謝しています。

ありがとうございます。