四期の名曲を弾くために

クラシック音楽は大きく分けてバロック・古典・ロマン・近現代の4つに分けられます。

今日はこの四期を、さらに良く弾くためのセミナーを受けてきました。

ピアニストとしても有名な先生の講座で有意義でした。

 

今回はロマンと近現代を取り上げました。

特に興味深かったのは、ロマンの代表と言っても過言ではないショパンのお話でした。

別れの曲やこいぬのワルツで有名なショパンは

ポーランドで生まれ、主にパリで活躍しました。

 

セミナーの先生はヨーロッパ各国の先生に師事されたそうですが

ショパンは国によってかなり解釈が違ったそうです。

 

イタリアの先生は、オペラを好む国民性からくるのか

1音をアリアを歌いあげるように弾くよう言われたそうです。

 

ハンガリーの先生はテンポを揺らすのが好きで

「もっと速く」とよく言われたそうです。

チャルダーシュを好む国民性でしょうか。

 

各国の国民性を頭に入れてショパンの作品を楽しむのも

おもしろいと感じました。